妊婦さんのための歯科検診の重要性

なぜ妊婦さんは歯科検診を受けた方がいいのでしょうか

妊娠中の歯科健康診査

むし歯・口内炎

妊娠中も身体は、女性ホルモンの影響で不安定になります。
妊娠するとむし歯が増えるということはありませんがなりやすい状態であると考えられています。
つわりなど体調が悪く歯を丁寧に磨くことが難しいことが多くあります。
つわりの胃酸逆流や酸っぱいものを食べることで口の中が酸性になりやすく虫歯が繁殖しやすくなります。
一度に食べられなくなり、間食が増えて食べ物を口にする回数が増えてしまい、歯の再石灰化が行われなくなります。
普段の何倍もむし歯になるリスクが高い状態といえるでしょう。
ホルモンバランスの変化によって、唾液の性情が変わりねばりつくようになり、歯周病菌が繁殖しやすくなります。
また、唾液の量が減少してドライマウス気味になると、口臭が発生しやすくなります。

妊娠性歯肉炎・妊娠性エプーリス

妊娠性歯肉炎は、妊娠初期に急激にホルモンバランスが変化することで、歯周炎にかかりやすくなります。
エストロゲンという女性ホルモンは、歯周病原細菌の増殖を促し、歯肉を形作る細胞が標的となります。
プロゲステロンというホルモンが活性化することで、炎症の元を刺激します。
妊娠中期がピークとなり、悪化していきます。
産後にホルモンバランスが整うと症状も改善されていきますが、ブラッシングしないままでいると重度の歯周病になってしまいます。
清潔な腔内なら軽度ですみますので、妊娠中は特に気をつけなければなりません。
妊娠性エプーリスも、女性ホルモンの増加が原因で、歯ぐきがコブのように大きく膨らんでしまいます。
ほとんどは、良性で出産後には自然になくなります。


この記事をシェアする