妊婦さんのための歯科検診の重要性

なぜ妊婦さんは歯科検診を受けた方がいいのでしょうか

免疫力の低下

歯周病と低体重児・早産

歯周病が悪化して、歯がグラグラしたり、膿が出るようになると赤ちゃんに影響が出てしまいます。
歯周病の炎症が血流に入り込んで全身に波及してしまうと、胎盤にも影響し、子宮収縮を促してしまいます。
2500g未満の低体重児を引き起こしたり、早産で妊娠37週未満で出産してしまうリスクが高くなることが指摘されています。
タバコやアルコール、高齢出産などでも同様のリスクがあるとされていますが、歯周病はそれよりもリスクが高く、健康な妊婦さんよりも7倍頻度が高まるというデータもあります。
低体重児として生まれた赤ちゃんは、腎臓病・糖尿病などの生活習慣病にかかりやすいといわれています。
歯科検診で早めに治療し、予防に努めましょう。

赤ちゃんのむし歯菌

赤ちゃんのお口の中は、無菌状態でむし歯菌はいません。
お母さんや赤ちゃんの周りのご家族から感染します。
同じスプーンや箸や器を使ったり、スキンシップ、食べ物を冷ます時などに唾液から感染する可能性があります。
そのため、周りの家族みんなが口腔内を清潔に保つことが重要です。
赤ちゃんの歯が生え始める1歳半~2歳半の間が特に感染しやすく、離乳食を与えるときに口移しだと唾液を介して感染する可能性があります。
お母さんのむし歯菌が少ない程感染は少なくなります。
また、感染する時期が遅い方がむし歯にもなりにくいといわれています。
出産後は、赤ちゃんにつきっきりになるため、歯科医院に通う時間はなかなかとれません。
妊娠中には、歯周病やむし歯が悪化しやすい状態が続きます。
生まれてくる赤ちゃんのためにも歯科検診で予防しておくことが大切になります。


この記事をシェアする