妊婦さんのための歯科検診の重要性

なぜ妊婦さんは歯科検診を受けた方がいいのでしょうか

妊婦さんが受ける歯科医療

妊婦さんへの配慮

妊娠中でも歯科治療は、積極的に行っていきましょう。
正確な診断・処置を行うためには、レントゲンを使っていますが、お腹の赤ちゃんへの影響がないか気になる妊婦さんもいらっしゃると思います。
しかし、レントゲンは口のまわりのみの照射でさらに防御エプロンをかけて行いますので、お腹の赤ちゃんに当たる心配はありません。
マタニティ歯科では、従来の10分の1のX線で撮影できる最新のレントゲンなどを積極的に取り入れています。
局所麻酔での使用量も少なく、体内に入る前に成分を分解してくれるため、赤ちゃんへの影響もありません。
薬も妊婦さんに安全なお薬を必要最低限の量で処方してくれます。
また、楽な体勢で治療できるようにも配慮されています。

妊娠中の歯のケア

妊娠中は、むし歯や歯肉炎にかかりやすいので普段以上に気を付けなければなりません。
妊娠前には、まめに歯磨きしていた方もつわりやにおいにも敏感になってしまい歯磨きがおろそかになってしまいます。
しかし、歯肉炎ができやすい状態では赤ちゃんに影響がでてしまいます。
体調の良い時に歯磨きを行い、つわりで歯磨きができない時にはうがいをしたり、ヘッドの小さめの歯ブラシを使いましょう。
うがいは、フッ素入りのマウスウォッシュなどで洗浄して消毒しましょう。
虫歯の原因は、口の中に残った食べ物の糖分です。
お菓子や間食を控えるだけでも予防になります。
繊維質の硬いものの方が、歯につきにくいので、虫歯になりにくくなります。
だらだらと時間をかけすぎないように食事をとりましょう。


この記事をシェアする